2015/06/26 17:19:26 | 育児関連

現在、生後11カ月の双子を育てております。授乳は生後まもないころから、母乳と粉ミルクの混合で与えていました。
生後、8カ月ぐらいからは粉ミルクだけになっています。
初めて粉ミルクを作る際に、水はどのように用意しようか迷いました。
いろいろ、育児本やインターネット等の情報を調べたところ、普通の水道水を煮沸して冷ましたもので良いとあったため、新生児のころから現在まで、ポットに水道水を入れて沸かして人肌程度に冷ましたものをミルクに混ぜて与えています。
赤ちゃんに与える水に対して、徹底している人はウォーターサーバーの水や市販のミネラルウォーターを与えているという意見も聞きます。
人それぞれ考え方は違うと思いますが、わたしは大人が飲む水道水を一度煮沸させたものを与えていれば十分だと考えています。
日本の水道水は多少なりとも塩素等の化合物が含まれていると思いますが、それも極微量だと思います。それよりも粉ミルクや食事などの成分の方が体に蓄積される量としては多いと思います。
赤ちゃんにお水単独で与える際には、一度煮沸した物を使い、体の免疫機能が高まってくる、1歳以降の幼児期から徐々に水道水を飲んでも問題ないように出来ればと良いのではないかと思います。

2015/06/12 16:14:12 | 育児関連

赤ちゃんの育児は誰であれ最初は未経験の状態で始める事になります。今まではお爺ちゃん、お婆ちゃんが同居している事が多かったので、育児の基本的なやり方を教えてもらう事ができました。

 

しかし近年は核家族化、つまり親と子供だけで暮らしている世帯が増えたために、育児で分からない事があっても頼れる人が身近にいない状況になっています。また、少し外出しようとしても自宅で赤ちゃんを見てくれる人がいませんから、親が自由に行動できる時間が少なくなりました。

 

問題山積の様にも思えますが、実はそうとも言い切れません。赤ちゃんの育児で分からない事があったとしても、今はネットという強い味方が存在します。検索して調べれば大抵の事は分かるはずです。注意すべきなのはネット上の情報を過信し過ぎる事です。そこに書かれている事が100%正しい訳ではありません。あくまでも一つの考え方、意見に過ぎないのですから、その事を意識しておいた方が良いでしょう。

 

外出時に関しては託児所を活用するのがオススメです。24時間いつでも好きな時間帯に利用できる事を売りにしていたりします。料金が掛かりますので気軽にとまでは言えませんが、親から見て心強い存在なのは間違いありません。

2015/06/01 18:57:01 | 育児関連

ベビーバスを購入するか普通のお風呂 どちらが良いのか初めての出産で分りませんでした。
雑誌のアンケートを見ると「1ヶ月過ぎたら使わない。」「普通のお風呂に入れるようになるからベビーバスは邪魔になる。」などの意見も多く、私は悩みましたが1ヶ月くらい頑張ろうと、ベビーバスを購入するのをやめ代用で持っている衣装ケースで1ヶ月間お風呂に入れていました。
子供が産まれ4ヶ月経って思うのですが、ベビーバスは人によって必要か必要でないか分かれます。
ご主人の協力が得られるなら、お風呂に入れる人、赤ちゃんを受け取る人、2人で分担できればベビーバスはいらないかもしれません。
ただ帰宅が遅かったり単身赴任されているご主人の場合、ママが1人で入れることになる時ばベビーバスが無いとしんどいです。
私の主人も帰宅が遅いので、1人でお風呂に入れています。産まれた時は冬で寒かったので裸で待たせたりできず赤ちゃんの為だけにお風呂を少なめにわかしてから服を脱がせ入れていました。片手で頭を常に支えとかないといけないので思うようにいかず洗い方も少し雑だったと思います。上がってからも赤ちゃんを受け取ってくれる人がいないので片手でタオルをかけたりするのが大変でした。
3ヶ月を過ぎた頃、中古でベビーバスが500円で売られていたので試しに買ってみて使用してみると、めちゃくちゃ楽でした。背もたれと股のところに高さがあって滑り落ちないタイプのベビーバスなので赤ちゃんを支えなくても良く両手があくので洗うのも流すのも 以前とは比べれないくらい楽になりました。
意外と赤ちゃんの頭は重くお風呂に入れている間支えていると手首に負担がかかっていたのも解消されました。お湯を抜くと椅子のようになるのでタオルである程度ふいてあげることも出来ます。
こんなに便利なんだったら早く購入しとけば良かったと思います。

2015/05/31 16:30:31 | 育児関連

我が家の赤ちゃんはご機嫌ななめなことも多くてなかなか眠ってくれない時も多々あったのでそんな時には私のお腹の上にうつぶせで寝かせて寝かしつける方法で寝かせていました。

 

お腹の音や心臓の鼓動が聞こえるしかすかに動くので安心できるのかぴたっとおとなしく眠ってくれることが結構多くてものすごく助かった方法の1つでもあるのです。

 

もともとはお腹の中で育っていたこともあるのでママと赤ちゃんはぴたっとフィットするようにできているので親子ともども安心感が感じられて心地よい時間にもなる感じがします。

 

人はほっと安らげると眠りに入りやすくなるので赤ちゃんにもきっと効果はあるのだと今でも感じています。

 

ある程度の重さになるまではお腹の上で寝かせることができるのですが、やはり重たくなってくると腰痛持ちのままにはきついかもしれないので他の方法の方が良いかもしれませんね。

 

しかし、とにかくぺたっと寝てくれる表情に親としてほっこり気分になれ癒されるのも事実なのです。

 

あと忙しい時には赤ちゃんを乗せて寝かした状態で優しく揺れてくれるゆりかごのような商品も購入し活用していました。
やはり揺れていると居心地が良いようでこれまた静かに笑顔でくつろいでくれていたので大活躍でもありました。

 

そのまま揺られながら眠ってしまうことも多々あったので、眠ったらゆっくりこっそりと抱っこをしてお布団に運んだものです。

 

いずれにしても寝るまではほっとくつろげることが大事なようです!

2015/05/26 18:43:26 | 育児関連

離乳食を受け付けない赤ちゃんがいますが、そんなことが無いような離乳食を紹介します。しかも、それは、栄養満点で、すごくナチュラルなものです。
それは野菜スープです。
具は、セロリ、じゃがいも、ニンジンに玉ねぎ、ズッキーニと鶏肉を入れて、塩だけで味付けして、それをミキサーやミルミキサー出かけます。すると、どろどろになりますから、それを6ヶ月くらいの赤ちゃんに食べさせると、色々な具の味が出ているので、美味しく感じるのか、すごく食べてくれます。
しかも、腹もちがいいので、お腹がすいて夜泣きをする赤ちゃんの場合には、これをちょっとでも少なくする効果があります。

 

さらに、たくさんの野菜が入っているので、栄養満点ですし、赤ちゃんの便秘で困っている方も、これを食べさせれば、セロリの繊維などのお陰で、毎日何回か出てくれるというメリットもあります。
スープの具を毎回変えてあげると、味が変わるので、赤ちゃんも飽きずに離乳食を食べ続けてくれます。たまに、これをミキサーにかけたトマトをスープに入れて煮込むと、甘みが出るのか、より赤ちゃんはこのスープの離乳食を食べてくれるので、ちょっと食欲が落ちてきたという時にやると、おすすめです。